2012年 04月 01日

其の6 : 時には言葉が分からないフリを

日本人はあなたが思う以上に狙われています。
金を持っていて優しいし押しに弱い。そりゃ狙われますよね。
必ず1度は長期放浪の間に何らかのトラブルに巻き込まれる事でしょう。
放浪中、基本的に自分の身は自分で守らなくてはなりません。

今回は対人での軽いトラブルケース。
勿論良い人も沢山居ますが悪い人も沢山居ます。
『危機管理』 として根底に常に据えておきましょう。

向こうから話掛けて来る場合は結構怪しいです。詐欺かカツアゲか。
何度も言いますが純粋に話したいだけの人も居ますよ。
出来るだけ多くの人と触れ合う事で旅が何倍も素敵なモノになります。
でも唐突に向こうからという場合大体何らかの目的が在るのです。
偽警官などが何かの罰として現金を要求してくる場合なんかも在ります。直感を磨きましょう。

折角の異文化交流のチャンス、笑顔は絶やさない様にしたい。
しかし‥話掛けてきた人の様子がおかしい‥しつこい‥不穏な空気感‥

去ろうとしても着いてくる。拒否出来ない。
はい、そんな場合、とことん話させてみましょう。
そして目を見開いて手をWにして?マークを頭の上に乗せましょう。
相手が諦める迄ずーっと訳が分からないフリをし通しましょう。
現地語は勿論、簡単な英語すら分からないフリでゴリ押ししましょう。
メモ帳とペンを出して伝えたい事を何か書いて貰うフリも効果的です。
相手は証拠を残したくないからか書こうとしません。
もしも危害を加えてきそうならば全力で逃げる。周囲に助けを求める。
でも実際は意思疎通が出来ず面倒臭い人を相手にする時間も勿体無いので、
大抵は諦めて次のターゲットへと移ってくれる筈です。

あまりにもしつこく開放してくれない場合は、最終手段
眉間に皺を寄せて日本語で本気で心からブチ切れてみましょう。
英語や現地語で怒るよりもかなり効果が在ります。
やはり意味の分からない恐怖心が生まれるのでしょうね。オドオドしつつ離れていきます。
相手も理不尽な事をしようとしていたので負い目が在ります。
静かに去ると思うので、あなたもすぐその場を去って安全な場所へ移動してください。

私は中国とベトナムとトルコとブルガリアで2回、日本語切れ芸をしてトラブル回避出来ました。
( ※ なるべくしない事。人と場合にも因るので気をつけて下さい。 )

何が言いたいかと言うと 【 この人に絡んで厄介かどうか 】 が奴らのターゲットポイントです。
最初から面倒臭いオーラを撒き散らして歩くのも一つの手です。

ヤバそうに見えて物凄ーく良い人も居るし、良い人に見えて鬼畜な人も居る。
基本的には平和に旅をしたいものです。が、トラブルは起きてしまいます。
沢山の国の沢山の人に触れて人を見る目を養っていくしかありませんね。

あ、完全なる強盗に襲われた場合は相手を刺激せずお金を出しちゃいましょうね♪

----------------------------------------------
■ HOWOW-40- FACEBOOK PAGE
[ HOWOW-40- FACEBOOK PAGE ]

■ VAYU CORPORATION FACEBOOK PAGE
[ VAYU CORPORATION FACEBOOK PAGE ]

イイネ押して応援してくれると嬉しいです

e0158379_21482100.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ

旅をするにあたり常に困る事は情報の少なさ
何気ない些細な情報でも、其れを必要としている人にとっては助かるモノです
このブログが、少しでも役に立てたならば幸いです
仕事や体調など、何らかの理由で海外へ行けない方などにも伝えたい事が沢山在ります
そんな色々な方の目に触れ易くする為に、1日1クリックの応援を宜しくお願いします!!


【 絶景情報が集まったブログ村 】
[PR]

by howow_40 | 2012-04-01 00:06 | 【 バックパッカー心得 】


<< 虚空 - Akasha / 鳳...      其の5 : 宿が定めるチェック... >>