2011年 04月 09日

放射能に汚染された未来を描いた宮崎駿のアニメ作品

宮崎駿のアニメ作品 『 On Your Mark 』 スタジオジブリ制作

http://zoome.jp/5103/diary/3

◆ [ ストーリー ]
地表が放射能で汚染され病気が蔓延し
人類が地下に住むようになった世紀末後の未来の都市が舞台。
あるカルト教団【聖NOVA'S】の施設を襲撃制圧した武装警官隊。
其の中の警官2人は、教団施設の奥で翼の生えた少女を発見する。
2人は彼女を救助するも、研究資料として今度は政府機関の施設に連れ去られてしまった。
2人は彼女を空へ帰そうと奮闘を始める。

監督は「歌詞を曲解して作った」「暗号のような物をいっぱい入れてある」
と語っており、此の為、見る側によって異なる解釈が存在する。
作家の岡田斗司夫によれば本作は
殆ど戦力の無い相手を無差別に殺戮する行為から目を逸らした一人の警官が
空想に逃避する物語で、天使の少女は(初回リフレイン襲撃シーンで)死んでいる少女(白い衣服が翼に見えている)だと解釈している。

監督によれば、地上の巨大な建造物は廃棄された原発であり
よく見るとチェルノブイリ原子力発電所事故を思わせるロシア語の文字
危険を示す中国語などが散見される。

此の少女は救世主では無く希望の象徴であり、
此処での希望とは全面降伏をせず、
誰にも触れられたくないモノを誰の手にも届かない処に放す事だと監督が解説している。


CHAGE and ASKAの3曲入りシングルの内の一作品のPV。
小学生の頃に此のシングルを発売日にワクワクしながら買った記憶が在る。
当時まさか本当に日本がこんな状況になるなんて思わなかったよな。。

そして昨日のユーストリームの斉藤和義…
最初から最後まで1時間ちょい身動きが取れなかった。
伝説が生まれた瞬間に立ち会えた。
音楽って本当にすごい力が在るよね…再認識
[PR]

by howow_40 | 2011-04-09 10:04 | [ 思ふ ]


<< 黒澤明監督 「夢」 富士山噴火...      話題の斉藤和義による反原発ソング >>